飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフブログ

予約はこちらから

座り方のポイント

小川夕子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフ、小川です。

 

最近読んだ冊子に、介護施設で『座る』ことを大切にしている施設があるという記事を読みました。

 

車椅子の方でも、椅子に座りなおしてもらうようです。

車椅子の座面は安定していないため、骨盤を安定させることができません。

 

背もたれを使わず、足がしっかりと地面に着く状態で座るそうです。

足の裏が地面に着くように、椅子の高さが3種類あり、それでも足がつかない場合は台を入れて調整するそうです。

 

たまにはしっかり座ってみる

 

私も最近、座ることを意識してみることがあります。

いつもしっかり座ると疲れてしまうので、たまに。

 

本を読む時、「今はそういう時間」と思って座ります。

今も、「今のパソコン作業の時間はしっかり座る時間」と思って作業中。

 

どんなふうに座る?

 

座骨を立てるのが基本です。

足のウラ全体がしっかり地面に着くようにします。

膝、股関節が90度が理想です。

背もたれは使いません。

座位の写真

 

もう1つポイントがあって、座骨を椅子に『刺す』ようにするとうまくいきます。

上半身はリラックス。

背骨を伸ばそうとすると体全体が力んでしまい、長時間姿勢を保つことができません。

座位の写真

両足のウラをしっかりつけることも忘れずに。

 

最後に…

 

この方法、最近私のブームなのですが、続けていくうちに楽な座り方になってきています。

必要な筋肉を使い、寄りかかりすぐない体に嬉しいこの姿勢。

 

気が向いたら、トライしてみてくださいね。

 

では、また(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ママ鍼灸師が考える”心とカラダ” , 2018 All Rights Reserved.