飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフブログ

予約はこちらから

産前産後ケア、お勉強してきました。

小川夕子
WRITER
 
STUDYの写真
この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフ、小川です。

 

先日、産前産後ケア技術講習会最終回に行ってきました。

ここで練習する技術は組織リリース®︎(ISR®︎)というもの。

いつも施術の時に行っているものです。

 

今回は骨盤周りの動きをよくするため、足の付け根、お尻の筋肉の動きを改善させることを練習していきました。

セミナー写真

 

まず骨盤の左右差を整える

 

今回は最初にリアラインコアという治療器具を体験。

こちらはいつもの施術で使用することがあるものですが、自分で使用するのは久しぶり!!

 

治療器具の写真 ←めちゃくちゃ腰が軽くなる!

 

ベルトで骨盤をしっかり締め、運動していきます。

骨盤の左右差がなくなり、骨盤が締まってくると、最初よりもベルトを締めることができるようになります。

 

それだけ骨盤が開いていたり、左右差があった証拠。

 

以前施術に来られた方は「お尻が小さくなった!!」とかなり喜んでいました。

お尻の大きさは「お尻についたお肉」だけが問題ではないのです。

 

動きを出す

 

その後、骨盤の動きをよくするため、足の付け根、そしてお尻の筋肉をターゲットとした手技の練習をしていきました。

ベルトで機会的に骨盤を締めても、筋肉の問題は主義で解決していく必要があるから。

 

『骨盤』というとお尻が関係することは想像しやすいと思いますが、足の付け根もとっても重要。

骨盤には後ろだけではなく、前もあるからです。

骨盤模型の写真 ←前。正面中央が恥骨です。

骨盤模型の写真 ←後ろ。お尻側です。

 

 

最後に…

 

今回で、3回シリーズの産前産後ケアISR、全3回が終了しました。

 

今回の受講の目的は

・いつも使っているISR®︎という技術が産前産後ケアにどのように活かせるのか。

・今の自分が持っているISR®︎の技術の精度の確認とレベルアップ

 

今後、この技術をどのように女性の体のケアとして還元していけるかを考えていかなくいちゃな~と思っています。

 

産前、産後は自分の体に興味を持つのに、とてもいいきっかけになるはず!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ママ鍼灸師が考える”心とカラダ” , 2019 All Rights Reserved.