飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフブログ

予約はこちらから

気持ちよく運動できる体を

小川夕子
WRITER
 
海の写真
この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは。

飯田橋Lifeblood鍼灸マッサージ院スタッフ、小川です。

 

今朝はヨガの日。

ヨガの先生とはレッスン前に話が盛り上がることもしばしば。

 

お互い、『体に関することを仕事にしている』『クライアントがいる』ということで、話すことでたくさん気づきがあります。

この雑談も私にとっては貴重な時間です。

 

私のやるべき範囲は?

 

私の仕事は『体をいい状態にする』こと。

施術という『受け身』だけでなく、その先に自分で動かすということに目を向けてもらいたいな、と思っています。

 

『ヨガ』は呼吸を大切にします。

そのため、自律神経へのアプローチが可能です。

 

そして、その呼吸を大切にしながら体を動かしていく。

体の柔軟性や体の強さを作ることができます。

 

ヨガは自分で体を動かすことで、多くのことが得られます。

 

私がやるべき範囲はどこまでなのか?

特にヨガを知ってからは、クライアントのために必要なことは何なのか?考えることが度々あります。

 

健康を維持するための体を!

 

先生曰く、ヨガは『健康な状態を維持する』『健康な状態をもっといい状態にする』というものなのだそうです。

そして、健康に生活できない人は『お医者さんに行ってください』なのだそうです。

 

あ~、そうなのか!!

 

私はお医者さんではありません。

なので、お医者さんが必要だと判断した場合は理由をお話し、病院へ行っていただきます。

 

それと同じで、

痛みで気持ちよく体を動かせない。

例えば、体が『ヨガ』をするまでに至っていない。

 

そういう方には施術を受けていただき、ある程度体がいい状態になってから、健康を『維持』するための運動をしていただいたらいいのだな、と思いました。

 

最後に…

 

その人にとって最適な施術を模索すること。

 

私ができない範囲ならば、別のものを紹介する。

体を動かすことが嫌いな方には、その方のできる範囲の運動指導を。

 

来ていただいた方にとって最適な選択肢を提供したい、といつも試行錯誤です。

 

では、また(^^)

 

※『受け身』の施術だけでなく、体をいい状態にするために自分で体を動かしたいと考えている方!

Lifebloodヨガイベント、2/9(土)『骨盤と足元を整えてヨガしよう!』オススメです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
小川夕子
鍼灸マッサージ師。 週に4日、Lifeblood鍼灸マッサージ院で働いています。 3児の母。子ども達は5歳、6歳、7歳。 産前産後のケアも行っています。 お気軽にご相談ください♪
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© ママ鍼灸師が考える”心とカラダ” , 2019 All Rights Reserved.